ハンドメイドマーケット minne(ミンネ)
通報

【高品質】ぐいのみ・最高峰 金赤 切子工房箴光

26,840
2
https://www.youtube.com/watch?v=RUWK2F7AWVE 動画もございますので、ご参考下さい。 切子工房 箴光(しんこう)製品ページURL:https://www.kirikoshinkou.com/formcategory.html 体裁が整っていてminneより見やすいと思うので公式ホームページの製品ページもぜひご覧ください。 独立切子士 斉藤光が手掛ける切子。 創業100年以上を誇る江戸切子の工房で秘伝の手磨きの技術を体得し、生産性や採算が悪いことを考慮してもユーザーにメリットが多いので、伝統を大切にした磨きの製法を採用しております。 1オンス30mlくらい注いで少しずつ良いお酒をストレートで楽しむ際に良いかと思います。 互換性のあるショットグラスもご検討頂けると幸いです。 製品説明 銀座の高級デパートに納品している金赤の色を追加しました。 ピンクに近い淡い色です。 元々、工芸展などの賞レースに参加していないだけで、コンクール入選作品よりクオリティの高い物を作る技術は持っておりましたが、手の込んだものは売れ筋ではないので、製作しておりませんでした。 しかし、まずは工芸展入選作品よりも菊繋ぎや八角籠目が細かいレベルの高い作品も作れますよというところを提示しようと思いました。 一般的な江戸切子職人が作る菊繋ぎと八角籠目の2倍以上の細かさで削っております。 ちなみに修業時代の工房ではこの菊繋ぎの3倍ほど大きいサイズにて製品を作っておりました。 これほどの細かいサイズを削れる職人は日本にもそこまで多くなく数える程度かと思います。 何かの賞をもらっている高齢の職人でも、逆に目が見えなくてこのサイズは削れなくなっていると思います。 私は現在裸眼で視力が1.5ありますので、私自身も若いうちの目が見える時だけしか削れないとも思っております。 菊繋ぎは口元まで削っておりますが、これは見た目重視のカットです。 本来は口元までカットを入れない方が良いですが、写真の通り、左右に飲み口に使って欲しい部分を作りましたので、のちほど紹介させてください。 菊繋ぎの下に楕円を3つ配置しておりますが、楕円から見える景色がとても美しいです。 透け感を出すために下部の方に楕円を配置することも多いですが、側面の割と上の方に配置することで、さらにグラスの美しさを引き出せると考えております。 美しく見えるための機能的に楕円をカットしておりますが、デザイン性も面白いものになった機能美となるものです。 菊繋ぎのサイド、八角籠目の上には半円状に擦った部分がございます。 これは口当たりを良くする細工で機能美にあたるものです。 飲む際はここを利用してほしいかと思います。 この口当たりの良さは流行りの薄張り(うすはり)のグラスの口当たりとはまた別の種類の口当たりの良さがあります。 美しさ重視で一番大切なユーザーの使用感を損ねるデザインにしないように配慮致しました。 八角籠目のサイズも日本でトップレベルに細かい最高峰のものです。 菊繋ぎと八角籠目は伝統的な文様の中で最も難易度の高いカットの部類です。 菊は長寿、無病息災、高貴高潔などの縁起の良い意味に加えて、見た目に美しく切子と言えばこのデザインというような文様です。 また八角籠目は籠の編み目で悪いものを取り除く魔除けとしての意味がある縁起の良い文様です。 ユーザーの使用感を念頭にデザインを製作しておりますので、「下部をしっかり透けさせて飲料の色を楽しめる」というところも考慮しております。 動画で水を入れた時の様子を撮影しておりますので、クリアな透け感をご確認頂ければと思います。 クリアに透けているので、ウイスキーやテキーラの ・オーク樽、シェリー樽などの材質による色の違い ・レポサド、アニェホなどの熟成期間の違い による樽熟成の色も十分楽しめる仕様のデザインかと思います。 自分用、贈り物、お店のブランドイメージアップなどにご検討頂ければ幸いです。
動画もございますので、ご参考下さい。 切子工房 箴光(しんこう)製品ページURL:https://www.kirikoshinkou.com/formcategory.html 体裁が整っていてminneより見やすいと思うので公式ホームページの製品ページもぜひご覧ください。 独立切子士 斉藤光が手掛ける切子。 創業100年以上を誇る江戸切子の工房で秘伝の手磨きの技術を体得し、生産性や採算が悪いことを考慮してもユーザーにメリットが多いので、伝統を大切にした磨きの製法を採用しております。 1オンス30mlくらい注いで少しずつ良いお酒をストレートで楽しむ際に良いかと思います。 互換性のあるショットグラスもご検討頂けると幸いです。 製品説明 銀座の高級デパートに納品している金赤の色を追加しました。 ピンクに近い淡い色です。 元々、工芸展などの賞レースに参加していないだけで、コンクール入選作品よりクオリティの高い物を作る技術は持っておりましたが、手の込んだものは売れ筋ではないので、製作しておりませんでした。 しかし、まずは工芸展入選作品よりも菊繋ぎや八角籠目が細かいレベルの高い作品も作れますよというところを提示しようと思いました。 一般的な江戸切子職人が作る菊繋ぎと八角籠目の2倍以上の細かさで削っております。 ちなみに修業時代の工房ではこの菊繋ぎの3倍ほど大きいサイズにて製品を作っておりました。 これほどの細かいサイズを削れる職人は日本にもそこまで多くなく数える程度かと思います。 何かの賞をもらっている高齢の職人でも、逆に目が見えなくてこのサイズは削れなくなっていると思います。 私は現在裸眼で視力が1.5ありますので、私自身も若いうちの目が見える時だけしか削れないとも思っております。 菊繋ぎは口元まで削っておりますが、これは見た目重視のカットです。 本来は口元までカットを入れない方が良いですが、写真の通り、左右に飲み口に使って欲しい部分を作りましたので、のちほど紹介させてください。 菊繋ぎの下に楕円を3つ配置しておりますが、楕円から見える景色がとても美しいです。 透け感を出すために下部の方に楕円を配置することも多いですが、側面の割と上の方に配置することで、さらにグラスの美しさを引き出せると考えております。 美しく見えるための機能的に楕円をカットしておりますが、デザイン性も面白いものになった機能美となるものです。 菊繋ぎのサイド、八角籠目の上には半円状に擦った部分がございます。 これは口当たりを良くする細工で機能美にあたるものです。 飲む際はここを利用してほしいかと思います。 この口当たりの良さは流行りの薄張り(うすはり)のグラスの口当たりとはまた別の種類の口当たりの良さがあります。 美しさ重視で一番大切なユーザーの使用感を損ねるデザインにしないように配慮致しました。 八角籠目のサイズも日本でトップレベルに細かい最高峰のものです。 菊繋ぎと八角籠目は伝統的な文様の中で最も難易度の高いカットの部類です。 菊は長寿、無病息災、高貴高潔などの縁起の良い意味に加えて、見た目に美しく切子と言えばこのデザインというような文様です。 また八角籠目は籠の編み目で悪いものを取り除く魔除けとしての意味がある縁起の良い文様です。 ユーザーの使用感を念頭にデザインを製作しておりますので、「下部をしっかり透けさせて飲料の色を楽しめる」というところも考慮しております。 動画で水を入れた時の様子を撮影しておりますので、クリアな透け感をご確認頂ければと思います。 クリアに透けているので、ウイスキーやテキーラの ・オーク樽、シェリー樽などの材質による色の違い ・レポサド、アニェホなどの熟成期間の違い による樽熟成の色も十分楽しめる仕様のデザインかと思います。 自分用、贈り物、お店のブランドイメージアップなどにご検討頂ければ幸いです。

サイズ

口元直径φ59mm×高さH48mm

発送までの目安

3日

配送方法・送料

宅配便
1000追加送料0円)
全国一律

購入の際の注意点

当工房の切子は江戸切子の伝統的な手法である「手磨き」という今は数えるほどの工房でしか行っていない失われつつある技術を用いて磨いています。 一方、世の中には「酸磨き」という酸にガラスを浸けてガラス全体をボロボロに溶かしながら磨くものもございます。 当工房の切子はカット面を1本ずつ研磨して磨いておりますので、ガラス本来の強度は失われておらず、たわしでゴシゴシ洗って頂いても構いません。 私も自作の切子を8年ほど使っておりますが、欠けたりせずにずっと使えておりますので、強度に関しては一般的なガラス製品のレベルで問題ありません。 熱湯、電子レンジ、食器洗い機は他のガラス製品と同じように使用できませんのでご注意ください。 取り扱い方については工房のホームページにて詳しく解説しております。 切子の取り扱い方、使い方→https://www.kirikoshinkou.com/kirikoatukaikata.html
レビューをすべて見る