【ご参考】長さ毎のネックレスの呼び方について

ネックレスの種類は大きく5種類に分けることができます。

1)35cm チョーカータイプ
チョーカータイプは約35~40cm弱。また首輪に似ていることからドッグカラーと呼ばれることもあります。
一般的なネックレスに比べ、首にかけるというよりは「巻く」という表現が似合うためネックレスとしての認識は薄いそうです。
チェーンではなく革製のものを指す場合が多いのも特徴。

2)40~45cm プリンセスタイプ
プリンセスタイプは、約40~45cmのネックレス。
その名の通り、ドレスを着たお姫様がつけているようなことから名付けられました。
チョーカータイプより首周りに余裕があり、すっきりした首のラインを演出します。
有名ブランドからも数多くプリンセスサイズのネックレスが販売され、一番上品で美しく見えるのがこのタイプ。
ワンピースやドレス、またオフィスにも幅広く似合うのがポイント。
自分用に購入するのはもちろん、プレゼントとして喜ばれるのはこのプリンセスタイプのネックレスがオススメです。

3)50~60cm マチネタイプ
マチネタイプは長さ50cm~60cm前後のネックレス。
マチネとはフランス語でミュージカルや演劇などの昼の公演を指します。
社交界のご婦人たちがマチネに出かける際、多く用いたのがこの長さのネックレスだったため、こう呼ばれるようになりました。
トップの部分が胸元のあたりにくるので、ペンダントトップは大ぶりなデザインのものがオススメ。
個性的で人とは違うものが好きな方はこちらを選ばれています。

4)80~90cm オペラタイプ
オペラタイプは、長さ80cm~90cmのロングタイプネックレス。
先述の「マチネ」は昼の公演を指すのに対し、「オペラ」は夜の公演という意味合いがあります。
ボリュームのあるこのオペラタイプのネックレスが夜のドレッシーな装いにぴったりなことからこの名前がつけられました。
由来通り、華やかなパーティなどにぴったりのネックレスタイプです。

5)100cm~ ロープタイプ
長さが100cm以上のものをロープタイプといいます。
オペラタイプよりもさらにボリューム感のあるネックレスです。
2連巻きなど、アレンジの仕方もお楽しみ頂けます。

スライドボール方式で、アジャスターも不要で、
長さに応じて、服装の襟首のラインに合わせて、サイズ調整が自由自在に出来ます♪

PuaLANI☆ 2020/07/04

ログイン