ワンちゃんの「 秋 」に注意すべき疾病

昼と夜の温度差

秋は昼と夜の温度差が大きく、昼は暑くても夜になるとぐっと冷え込んだりします。
日中の気温だけを考えても、突然猛暑がぶり返したり、急に冬のように気温が下がったりすることがあります。
このような温度差は、服を着ていないワンちゃんにとっては大きなストレスとなります。
特に幼いワンちゃんやシニアのワンちゃんは自分で体温をコントロールすることが苦手なので、なるべく温度が一定の場所で過ごせるように注意したいものです。


体力低下

夏バテで体力が落ちると、抵抗力も落ち感染症にかかりやすくなったり皮膚病になりやすかったりします。
ワンちゃんの皮膚や耳の中をよく観察して、毛が抜けたり炎症を起こしている場所がないかどうか確認することも大切です。
夏に痩せてしまったワンちゃんにはご飯の量を調節するなどして、寒くなる前に体重が戻るようにします。
涼しくなったのに食欲が戻ってこない時は、早めに動物病院や獣医師に相談してみてください。


犬フィラリア症

涼しくなってあまり蚊を見かけなくなっても、犬フィラリア症の予防薬は蚊が出なくなってから更に1カ月後まで続ける必要があります。
ワンちゃんを犬フィラリア症から守るために、獣医師に指示された最後の月まで忘れず投薬し続けます。


ノミとマダニ

爽やかな季節になって「ノミやマダニはもういないかな」と思いがちですが、ノミ・マダニは一年中存在しますし、特にノミは気温が13度あれば繁殖を繰り返すことができます。
暖房の入った暖かな家の中はノミにとっては冬でも快適な空間ですので、秋冬もしっかりとノミ・マダニ対策を行うことをおすすめします。
ワンちゃんの身の回りのベッドやタオルなどの洗濯・天日干しは、定期的に行いたいものです。


運動量

暑くもなく寒くもない、そんな季節の良いときにはワンちゃんも活発に動き回りたくなります。
なるべくたくさん散歩をし、いろいろな運動を取り入れて、運動不足を解消してあげましょう。
散歩は日光浴にもなり、ワンちゃんの健康には欠かせません。



  1. minne ホーム
  2. 風のやどり
  3. レター一覧
  4. ワンちゃんの「 秋 」に注意すべき疾病
ログイン